Category

  • 品確法の基礎知識
    • 「住宅の品質確保の促進等に関する法律(品確法)」とは
    • 新築・既存の住宅の品質を守る、三本の柱
    • 瑕疵担保期間の10年の義務化
    • 「瑕疵」とは何か
    • 担保責任の対象となる瑕疵
    • 住宅性能表示制度
    • 紛争処理体制の整備
  • 住宅性能表示について
    • この法律により、誰の何が守られるのか
    • 基準に適合していることを認定する「指定住宅性能評価機関」
    • 新築住宅の性能を表示する、10の分野と等級
    • 施主の注文時の指標になる数値
    • 既存住宅の性能を表示する、7の分野と等級
    • 住まいの劣化・不具合を知り、維持・修繕の指標に
    • 共同住宅の場合は

住宅トラブルから身を守る・品確法

住宅に関することから自分の身を守る、トラブルに対処できるように「品確法」が2000年に出来上がりました、これによってそれまで対処できなかった家に関する建築上または生活上の問題に対処ができるようになり、また事前に防げるように手を施すことが必要になったのです。この品確法は正式には「住宅の品質確保の促進等に関する法律」と呼ばれるものであり、住宅の質を上げる基本的な法律として現在では存在しています。これは法律になるので、従わない場合法的な処置を受けることも当然あります。また済んでいる人に不利益がある場合、法的な部分でしっかりと対処することができます。

大きな力を持った存在と言えるでしょう。品確法は、現在では有名になっていますが出てきた当初はやはりそれなりに混乱や、新しい問題が出てきてしまったりすることもありました。この先、家を購入しようと考えている人、建築や住宅に関わる仕事をしたいと思う人は、この品確法をしっかり頭の中に入れておく必要があるでしょう。特に仕事で住宅に関わる人は、必須の知識となります。人に説明する立場になることもあるでしょう。ここではそんな品確法についての紹介をしていきます。基本的な部分となりますが、覚えておいて損はありません。

住宅トラブルから身を守る・品確法

品確法の基礎知識

品確法を知っていれば、得することもあるかもしれません。

住宅性能表示について

住宅性能表示について知っておくことは重要なことになります。